スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇気を出して 3

依頼掲示板にみみちゃんの書き込みがあった数日後
露天でサンダーのページを発見。
2ページ。5万Gで売られています。
何ページが必要なのかちょっと自信がなかったので依頼掲示板で確認。



確かに2ページって書いてあります。

購入&郵便でお送りしたところ
「ありがとうございます。うれしいな~」
郵便箱の前で回ってるんじゃと思うくらい喜んでくれました。
みみちゃんうれしい。私うれしい。


これで集まっていないページは1枚になりました。


残り1枚だからすぐ集まると思いたいところですが、残った1枚は4ページ。

そう、4ページなのです。

4ページはサンダーのページの中でいちばん入手が難しく
wikiのサンダーのページに関するコメント欄には




おそろしい事が書いてあります。

4ページを落とすのはラビダンジョンのこの方。



黒 通常のボス 1/15
赤 下級のボス 1/5

5階層のラビ、みんなで行ければ早いですが
黒キュバスや赤サキュバスに会うにはソロで入る必要があります。

5階のダンジョンをひとりで15回も行く。

サクサク倒せても面倒なのに・・・4Pが入手しにくいのも納得です。



ところで、
勇気を出して 1
みみちゃんの「サンダーのページが出ない」お話を一緒に聞いた


うさぎさん

この方も魔法師さんです。

ある夜、ダンバでインベ整理されているうさぎさんを目撃。
インベ整理なのかアイテムを床に落としています。
落ちたアイテムを見る感じでは
なんとなくラビに行ってきたような雰囲気。

聞いてみたところ

・みみちゃんのページが集まらない話を聞いてすぐラビ通いを始めた
・もう何周かした

事実が判明。

ページ集めを経験している同じ魔法師でも
まだラビに行ってもいなかった私に比べ、
こっそり4ページを探してくれていたうさぎさんは、みみちゃんのもどかしさに
よりお気持ちを寄せていらっしゃったのではないでしょうか。

肝心の4ページはまだ出ていないとのこと。







15分の1の確率。

何度か行っても出ないなら素直に15周するしかないでしょうか?
15回行ってもページを落とさない可能性もあるのに?

「出ないね」

ギルチャに愚痴をこぼしたくもなります。

うさぎさんもみみちゃんも私も
出口の見えないトンネルに入ったような気持ちでいました。














ブログトップ




スポンサーサイト

勇気を出して 4


暗中模索の状況に光が差したのは
依頼掲示板にみみちゃんが書き込まれてから1週間後の4月29日夜でした。

折しも火曜日。

この日もラビに行かれたうさぎさん。
しかし結果は・・・。

うさぎさんはまだ何周かされるおつもりだそうで、ギルチャでそんな話をしていたところ
「何してるの?」
声をかけてくれた方がいました。
その方は


ティースさん

困っているギルメンさん、新しく入ったギルメンさんをいつも手伝ってくれる方です。

「ページか何か?」

心を読まれてるw
そのはずです。ティースさんもサンダーをお持ちです。
みみちゃんがページ集めで苦戦されてるみたいで、と言うとティースさん
「行こうかな」
と言われましたが、それきり黙ってしまわれました。

私はこの時になってようやくラビ周回を始めましたが、想像より辛く
1周しただけでロビーで休憩するありさま。
みみちゃんのお話を聞いた直後から周回されているうさぎさんの大変さが思われます。

日付変更間近になっても曜日効果をあざ笑うようにページは出ません。

うさぎさん、実はずいぶん前からスキル本
【楽器の心臓、共鳴胴】(音楽知識6→5本)
が欲しいと言われています。
共鳴胴はバリ上3人用報酬なのでラビでは手に入りません。

また、ギルメンさんの


青さん

も、うさぎさんとは種類が違いますがスキル本
【リュートの純情】(作曲スキル9→8本)
を求めてカルーを周回されていました。
青さんの探されているリュートの純情もラビでは出ませんが
青さんは私たちのやりとりを聞いてラビに行ってくれました。

2周目を終えて出てこられたうさぎさんをつかまえて手ごわいですねと話していると、
ギルチャでティースさんが
今ラビにいるというようなことを言われます。

ティースさん、行こうかなと言われた後、ラビを周回してくれていました。

何もおっしゃらないから……
ティースさんはそういう方なのだなあと知りました。


うさぎさんも青さんもティースさんもマビできる時間は限られているはず。
せっかく作った時間なら、自分の為だけに使うほうが
欲しい物が手に入るかもしれない
おいしい思いができるかもしれないのに。


うさぎさんと私は再びラビに入りました。
ギルチャでティースさんのチャットが流れます。



既に5周目とのこと。
私と青さんはおお・・・と言うほかありません。



ラビ下級のボスも4Pを落とすので、うさぎさんはそれも狙われているのでしょう。
火曜日が終って水曜日になり、雲行きが怪しまれます。





しばらくして







ティースさんが決めてくれました。




おめでとうございます。



みみちゃん






ギルチャがおめでとうでいっぱいに。



みみちゃんもラビに行かれていたようです。
最初のうちはステータスが低いはず。高ランクスキルをいくつももてないはず。
それでもがんばっていたのですね。





ティースさんとのやりとりから喜びが伝わってきます。



お礼を忘れないみみちゃん。
この後無事サンダーを習得されたようです。
ランクアップにAP足りないのはお約束w





こうしてサンダーのページ探しの旅は終わりました。
旅とか大変そうに書いておいて私は何もせず
蓋を開けてみれば実際探す旅をしたのは主にティースさんとうさぎさん
そしてみみちゃんご自身でした。

みみちゃんがんばりましたね。
掲示板の書き込みに始まり、みみちゃんが頑張っているから
ギルドの方がみみちゃんを応援してくれたのではないでしょうか。

サンダー取った後もみみちゃんは謙虚なみみちゃんのままでした。





サンダー習得おめでとうございました!






mimi_stand2_8bit.png












<< 3

勇気を出して トップ
ブログトップ




勇気を出して 2


話はさかのぼって

以下は2月のSSから。
料理ランクの開放で納品書を集めているギルメンさんと、Tさんの会話。


青=Tさん
黒=ギルドに入られて日の浅い新人さん(強い)

この直前のチャットで
「依頼掲示板作ったよ。してほしいことがあったら依頼してね」
と話されていたTさん。

ギルメンさん が納品書を集めていると知って



協力を申し出ますが







ギルメンさんは自分で集めますとのこと。




それを聞いたTさん




いつも
「困ってたり、してほしいことがあったら言ってね」
そう言ってくれるTさんなので、依頼掲示板のみみちゃんの書き込みを見て
張り切ってページを探してくれそうなものですが

折しも季節は3月。
環境が変化することの多い時期です。

Tさんのところにも変化は訪れたようで、
みみちゃんが依頼掲示板に書き込まれた日と前後して
「リアルが忙しくてしばらくインできない」と
ギルメンさんに連絡がありました。

3月に入ってからインされていても反応のない日が増えるなど
お忙しそうな兆候のあったTさんですが、
連絡のあった日以降は本当にインがままならないようで、
平日はもちろん、Tさん発案の週末の居酒屋にも
お姿が見えなくなりました。

ネクソンコネクトに「(インできなくて)すまんね」と書かれるTさんが
みみちゃんの書き込みに応えるのは難しそうです。



ページ集め。



私の初めてのページ集めはサンダーでした。



集める過程を思い出してみると

自力:ボスまで行けない
金策:魔符を集めてお金にする→銀行に預ける→手数料に泣く
露天:目的のページが見つからない

いろいろ苦しかった覚えがあります。
それだけにサンダーを覚えた時は嬉しく、嬉々としてイカダに挑んだものです。
ファイターに倒されましたが、それさえ
「いつかサンダーで倒せるようになりたい」
目標に変わりました。



微妙な話題ですが
「苦しさもゲームの楽しみのうち。先回りは苦しむ楽しみを奪う」
「楽しみを奪われた側はクレクレになる」「人から楽しみを奪う側になる」
よく言われることです。

みみちゃんはどちらかというと初心者さんの部類の方です。
マビに限らず初心者のころに色々してもらうのはうれしいものですが
反面息苦しくもあるので、「してあげる」は「する側」の自己満足で、
「される側」にとってはいいことではないかもしれないと思ったりもします。

でも、

サンダーのページを集めているとうかがった後、
「今何してるのですか?」
とお聞きしたところ、
「ラビにいます~」
とおっしゃっていたみみちゃん。

サンダーの取得にはページ集めが必要なことはNPCが教えてくれますが
どの敵がどのページを落とすかまでは教えてもらえません。
「ラビにはページを落とす敵がいる」
このことはみみちゃんが自分で調べるなり人に聞くなり、
自分から行動を起こさなければわからなかったはずです。

行動するって勇気がいります。
うさぎさんやTさんに勧められたとはいえ、
誰も書いていない依頼掲示板に書きこむのだって
みみちゃん、勇気がいったのではないでしょうか。



勇気を出してチャレンジしようとしているみみちゃんと…もうひとり。
ギルドHPに交流の場を作ってくれて、依頼掲示板を作ってくれた方。
ギルメンさんが依頼掲示板に書き込んでくれて
やっと頼ってもらえる機会ができたのに、インがままならない方。

ギルマスTさん。

ページ集めを、みみちゃんひとりのためのお手伝いではなく
いつも楽しく過ごさせてもらっているTさんのギルドへのお手伝い
と考えることはできないでしょうか?

「与える」のではなく、ページが集まらない苦しさ、もどかしさを
いっしょに「楽しむ」のだったら
先回りしてゲームの楽しみを奪うことにはならない のではないでしょうか?
ならないんじゃないかな
ならないといいな



長々書きましたが要は自分がしたいからするのです。
言い訳とすり替えをいっぱいしてページ探しの旅はスタートしました。













ブログトップ



勇気を出して 1

私のお世話になっているギルドにはギルドHPがあります。
トップ絵は



↑ダンジョンロビーでヒヨコになっているギルメンさんたち。

HPはギルマス


Tさん

の管理制作で、居酒屋の動画が見られたり、
ギルメンさんの自己紹介ページや、イラストが投稿できる掲示板があったり
トップ絵からしてみんなの交流の場になるように、という
Tさんのお気持ちが感じられるつくりになっているのですが

コンテンツのひとつにこんな掲示板があります。



欲しいものあったら書いてねみたいな。
名前は【依頼掲示板】。ギルドのHPっぽい!
欲しい物ができたら私もお世話になりたいです。



画像でTさんの投稿日が1月なので、依頼掲示板の作成は1月のよう。
ですが、この依頼掲示板、最近まで書き込みがありませんでした。



ギルメンさんを見ていると
自分の問題は自分で解決したいとお考えの方が多いようです。
必要なアイテムはフレンドさんから譲ってもらったり
取引掲示板などで入手されている様子。

戦闘が得意な方、手広く生産されている方、レイドにあかるい方など
いろいろな方がいらっしゃるので、
ギルチャで声をかければたいていのことはできてしまうような感じ。

誰も困っていないのはいいことのはずですが、
依頼掲示板に誰も書き込まないので、コンテンツを作ってくれたTさんは
「誰も書かないのね;」
と、ちょっと寂しそう。










2ヶ月間白かった依頼掲示板に変化があったのは
3月も半ばに入ってからのことでした。















夜インされたみみちゃん。



みみちゃん、以前からサンダーを覚えたいと話してくれていたのですが

「サンダーの2Pと4Pが集まらない」
「(露天で)見ないし」

ページ集めに苦戦されているようです。

夜遅めの時間だったせいか、反応のあるギルメンさんが少なく
みみちゃん、うさぎさん、私の3人でお話。

ギルドHPの依頼掲示板の話をしてみたところ、お話上手な


うさぎさん

が応援してくれました。





書き込みを勧めてくれます。

   

私は相槌係にジョブチェンジ。



そこに




     ※Tさん 

突然現れたTさん。依頼掲示板をアピールしています。



ね。
いつからインされていたのでしょう?



ともあれ


みみちゃん




とのことで良いお返事。
よかったよかった。





かわいいこはなでるもの。










こうして



3月半ば、みみちゃんの依頼が
依頼掲示板の初めての書き込みになりました。









ブログトップ



出会った人たち

title_mimi1.png

 サンダーのページを集めるみみちゃん+αの話。2015/10/26 完結。



みみちゃん


+αの方々



うさぎさん


Tさん


青さん


ティースさん



勇気を出して 1 2 3 4
mimi_um.jpg








usa_ti_touka.png

 変身マスタリが好きなうさぎさん。ジョーに変身してジョーの隣に並びます。
 最初はひとりでしたが・・・?
 SS掲示板にスクリーンショットが投稿されました。



guild_usa_ico2.jpgうさぎさん



ちょっと登場


tate_ico_mini.jpg
タテさん

g_ico_mini_2.jpg
guitarさん



ジョーがいっぱい おまちください





guild_top.jpg









ブログトップ

Pagination

Utility

プロフィール

?

Author:?
絵:Tさん

サーバー:トリアナ出身
いつもは:おはなし
いちおし:料理スキル
さいきん:おはなし

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。